桐生明治館(群馬県桐生市):富弘美術館(群馬県みどり市)

 今から3年前、母を富弘美術館に連れて行ったところ感動しておりました。その翌年に母は入院しましたが、おかげさまで今は自宅で元気にしております。2020年2月2日(日曜日)に久しぶりに行ってきました。1時間30分ほどの道のりですが、途中の桐生市にある「明治館」を見学しました→P2020116.jpgP2020115.jpg幾度となく前を通過していて、いつか見学したいと思いこの日立ち寄った次第です。明治11年に衛生所として建てられたそうです。入館料大人150円でした。室内には歴史上の資料などが展示されていました→P2020083.jpg来賓室には大正天皇および、昭和天皇がお使いになられた椅子がありました。奥の赤い椅子P2020098.jpg2階からの眺め→P2020109.jpgP2020096.jpg小一時間ほど見学したのち、次の目的地を目指しました。途中で道の駅「くろほね・やまびこ」に寄りました→P2020066.jpg写真左にあった空を見上げる少女の銅像はなぜか土台だけ残して撤去されていました。さらに道を進み、草木湖のドライブイン→P2020031.jpg店内のお茶屋さんは撤退したそうです。ちょっと寂しい。外の自動販売機でネコちゃんと目が合いました。左右の目の色が違うんだね→P2020011.jpgそしてそのお隣にある富弘美術館に到着。大人520円→P2020053.jpg母は絵の前で動きません。実は緑内障が進行しており、くらがりが見えにくいうえ、細かい字が読めないとのこと。詩を読んでほしいと頼まれ、一枚ずつ周りのお客さんに迷惑にならない程度の小さな声で色紙の詩を母の耳元で読んでいきました。詩の内容で声がつまりかけたりしましたが、母は喜んでくれました。連れてきて良かったです。入口で係の方が、石のくじ引きをどうぞというので、引いたところクリスタルクオーツ(水晶)をいただきました→20200203_093701.jpg外に出て母と美術館の庭を少し歩きました。風も穏やかで温かい早春の午後でした。P2020021.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

おがちん
2020年02月09日 19:50
2020/02/09 16:05に
「ナイス」気持ち玉をくださった方>
こんばんは♪
訪問いつもありがとうございます。